« 戻って来た | トップページ | Texas DDR 行脚 その1 »

2009年12月25日 (金)

Texas 東端

Texas の東の端に行ってきた。
IH-10に乗って、
(IH:Interstate Highway.
日本語だと「州間高速道路」とでもいうのかな?)
Louisiana との州境まで行って戻ってきた。
現在Houstonにある、とあるモーテルに宿泊中。

もうちょっと、西に行ってみる。

もちろん、Houstonに来たんだから、
当然、Planet Zero にも行った。

主にポップンとブレイブルーをプレイ。
特にポップンはtexasに一つしかないから
かなり味わって、噛み締めてきた。
あと、数回DDR(SN2)も。
single double同額。
でも音ゲー過疎ってるなぁ。
マジでmottainai。
皆さんほとんどブレイブルーかアルカナ3。
なーんだみんな格ゲーかよ。
だったらサムスピもよろしく、
って聞いてないよな。あるのに。

アメリカのゲーマーに
New Gameばかりを追い求めず、
古くてもgood quality なgameを
究極までやりこむヤツは、いないのかな。
nostalgiaだと切り捨てるヤツが多いような気が。
残念だ。

アメリカで一度見てみたいな。

|

« 戻って来た | トップページ | Texas DDR 行脚 その1 »

コメント

「なつかしい」とはアメリカ人が普通に感じられないと思う。言語・カルチャーの理由だと思われる。

だって、日本人はいつも「懐かしいな」と言うが、アメリカ人は「That's so nostalgic」をあまり考えて言わない。

やはり新作のゲームは一番人気だと思う(日本にもそうだろう?)。考えると、日本のゲーセンに一番流行っているはTekken 6:BR, BB:CS, Arcana 3, Gundam vs Gundam Next, Gundam戦場の絆。流行っている古いアケゲーはサードだけ(日米一緒)。

アメリカにNostalgicと感じるゲーマーは大体家庭用パソコンのエミュレーターでファミコンやクラシックアケゲーをやって、残念ながらゲーセンに顔を出すはずがない。

俺、IKKIと同じようにGood QualityなGameはベストだけど、New Gameを出る時、完全に調査することもなかなか面白いと思う。

投稿: ライアン | 2010年2月 1日 (月) 10時21分

>「なつかしい」とはアメリカ人が普通に感じられないと思う。
アメリカ人にNostalgicが感じられないとは。。。
Interesting.
わかった。そう思うようにする。

>古いアケゲーはサードだけ(日米一緒)
サードが流行ってるのはごく一部だと思うよ。
ライアンが好きなゲーセンだけじゃないかな?

>エミュレーターで
エミュレータで、か。
あまりエミュレータは好きじゃないんだよな俺。
まぁ、やっててもいいんだけど、その中で、
世界一うまいプレイを見たいもんだわな。
究極なまでにやりこんだプレイを。

アメリカにもいるんだけどね。
例えば、PAC MANのコレ↓
http://en.wikipedia.org/wiki/Billy_Mitchell_(gamer)
こういうのが他のさまざまなゲームで見たい。

>New Gameを出る時、完全に調査すること
いい言葉を使ったね、完全に調査、か。
OK、それについて話そう。

新しいゲームをやって調査するのは面白い。
日本人も同じ。
ただ、新しいゲームは次から次へとやってくる。
完全に調査しないまま、次の新しいゲームに行くのもいい。
そういう人がほとんどだというのは、
日本もアメリカも一緒。
ただ、そういう人だけなのか?
もしそうだとしたら、それは少し残念だ。
少なくとも私は、新しいゲームをやる人以外に、
Good QualityなGameを調査し続けようと考える人を、
Arcade UFOでも、Planet Zeroでも見ていない。

実は、日本にはそういう人がたくさんいる。
R-TYPEを20年以上やってる人もいるし、
(先月号のアルカディアのハイスコア集計で、
 R-TYPE II(1989)のNew Recordが出ている。
 しかも、ミカドで。)
俺もぷよぷよをはじめてから15年以上たっている。

新しいゲームについても日本人のゲーマーは
アメリカ人よりも多く調査しているはずだ。
もしアメリカ人が完全に調査していたら、
日本人にも勝って、闘劇に優勝できるはずだと思う。
アメリカ人には、New Gameや、Good QualityなGameを、完全に調査して欲しい。
日本人にも負けないくらい。

もし、完全に調査するなら、
少なくとも、俺には負けるな。
俺に負けてるようでは、まだまだ甘い。
俺は「ほとんど調査してない」から、
もし、調査しているなら、そういう俺に負けてはいけない。

DDR(ITG)と、マーベルVSカプコンは、
アメリカ人もかなりいいと思うが、
それ以外のGameは、まだまだだと思う。
調査がんばれ、アメリカ人。

投稿: IKKI | 2010年2月 2日 (火) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53507/32743557

この記事へのトラックバック一覧です: Texas 東端:

« 戻って来た | トップページ | Texas DDR 行脚 その1 »